体に悪いものは溜めない

私が美容のために一番気をつけていることは「体に悪いものを溜めない」ことです。仕事や人間関係などで受けるストレスや、体内に溜まった毒物などを上手に無くすことですね。

ストレスを溜めないために、頻繁にストレスの解消をします。散歩をして外の空気をすったりと気分転換も大事ですね。趣味に没頭できる時間を楽しんだり、美味しい食事をしたり、ショッピングにでかけたり、絵を見に行ったりとさまざまです。

ちょっとしたことがストレスになりますが、ちょっとしたことでもストレス解消になるんですよね。ストレスを溜めると肌にも良くないし髪にもよくありません。ストレスを受けてしまうのはしかたがないことなので、なるべく速やかに解消することを心がけています。

また、体内にたまった毒素を排出すること「デトックス」です。野菜をたっぷり食べたり、肝臓に優しい生活をおくったりしています。リフレッシュを兼ねて岩盤浴で汗と一緒に老廃物や毒素を排出することで効果的にデトックスをしています。美容のためにできることを無理せず続けていけたらと思っています。

汗っかきになってから体臭がきつくなりました

私は成人するまでは汗っかきではなかったのですが、成人してからは急に汗を良くかくようになってしまいました。
それからというもの、それまで汗に関した悩みを持っていなかった私が、汗で悩むようになってしまったのです。
私は体全体に汗をかくのですが、特に脇汗が人一倍多くて困っています。

汗をかくだけならそれほど悩まないのですが、問題はそのニオイです。
脇汗のにおいを形容すると、オレンジジュースを酸っぱくしたようなニオイと言えます。
自分にだけこのニオイがするのなら良いのですが、私の周りの人にまでニオイが伝わってしまうので、気にせずにはいられないのです。

ですから私は脇汗のニオイがしないように、防汗剤を多用したり、小まめにするようにしています。
しかしそれでも脇汗のニオイは完全には防ぐ事ができず、周囲の人に迷惑を掛けてしまっているのです。

このまま脇汗のニオイとこれからも付き合っていくのかと思うと気が重くなって来てしまいます。
私の母が汗っかきなので、私が汗っかきになったのは遺伝から来るものと思われますから、自然に治る事はなさそうです。
参考:クリアネオ 通販
URL:http://www.winplantsvszombies.net/

毎日アーモンドを23粒食べています

人気モデルのミランダ・カーや、ミスユニバース達が実践している事でも話題になりましたね。ローストアーモンドを毎日20~23粒食べる事で、美肌&痩せ体質を作ることができるそうです!

アーモンド以外でもナッツ類は小さくても栄養が沢山入っています。食べ過ぎるとプツプツができて肌荒れすることもあるのですが、それはオイルや調味料が原因です。ノンオイルのローストタイプのアーモンド適量を毎日摂ると適度な油分が補われ、美肌を保つことができるそうです。その目安が20~23粒だそうです。

また、アーモンドには脂肪燃焼効果のあるビタミンB群も沢山含まれているので、毎日適量摂取することで痩せやすい体質になるそうです。

ミス・ユニバースに栄養指導をしているエリカ・アンギャルさんの本も有名ですが、彼女はミス・ユニバースの候補達に『カバンの中にアーモンドを入れておくように』と指導しているのだそうです。
間食するにも美容に繋がるものを、という事ですね。アーモンドなどナッツ類は満腹感があるので少量食べると満足するのも、余計な間食防止にとても良いです。

美のために頑張っていること

美容のために毎日の食事の中に美容に良いと言われているビタミンたっぷりのフルーツや大豆製品を積極的に取りいれるようにし、肉中心の食生活ではなく野菜とお魚を中心の食生活を基本として小腹が空いた時のおやつもお砂糖や乳製品がたっぷりと使われている甘いものではなく、自然の甘みのドライフルーツやナッツ類を食べるようにしています。
忙しくて食事から補えない時にはサプリメントの摂取もしています。

また、どんなに疲れていても1日の終わりにはお肌のケアしっかりとしてお化粧をしたまま寝たりせず、予定がなく自宅にいるときはお肌に何もつけていない素の状態のままでいる時間をつくってあげてお肌に休憩を与えるようにしています。

週末には普段のスキンケアに加えてしっかりと効果を実感することの出来る普段よりちょっとお値段のするシートマスクを使用したり、お肌が乾燥を感じないために保湿はしっかりとして少しでも美に近づけるような心がけをしています。

日焼け止めをしっかり塗る

私が美容で気を使っているのはとにかく日焼けです。基本的に私は日焼け止めを塗らないとベランダにすら出ません。主婦はそこまで外にいなくても洗濯物を干すためにベランダに出るだけでも紫外線を浴びます。

夏でなくても洗濯物を干すだけの短時間でも以外に紫外線を浴びることがあります。夏だけ日焼け止めを塗る人もいますが、私は一年中塗っています。もちろん夏は重ね塗りの回数が多くなります。冬は夏よりもそこまできつくない日焼け止めを塗りますが、三月に入るとすぐに夏と同じ日焼け止めを使います。そのため前の年夏の終わりころになると来年の春用の日焼け止めを買い込みます。

手に日焼け止めを塗るときには内側にもしっかりと塗るようにしています。また指の股の間にもしっかりと塗りこむようにしています。日焼け止めを塗らなくてもそこまで日に焼けるところではありませんが、そういうところにもしっかりと塗るようにしています。足の甲などは思ったよりもよく日に焼けます。最近はバレエシューズのような靴が流行っているので足の甲がたくさん出ています。足の甲が日に焼けるとシワの原因になるので気をつけています。

日焼け止めで老化現象を防ぐ

なにはなくとも、日焼け対策を徹底するように気をつけています。朝は日焼け止めを塗らないうちはカーテンを開けることはしません。必ず日焼け止めをきちんと肌に塗ってから、朝日を浴びることにしています。窓越しとはいえ、ガラスを通って入ってくる紫外線にも注意をしています。

外出時には日焼け止めの効果時間を確かめて、帰宅までに紫外線を浴びる時間帯であれば、塗りなおしてから出かけます。また、ちょっとおしゃれ心のある手袋をはめて、顔以外の日焼けにも気をつけるようにしています。手の甲がきれいでないと、やはり年齢を感じさせてしまうので、気を抜けない部分でもあります。紫外線を避けようとするとどうしても肌を見せない服装などになりがちですが、日焼け止めを上手に使って出来る限り紫外線から肌を守るように心がけています。

紫外線がコラーゲン、エラスチンを破壊することを知ってからは、紫外線対策だけは手を抜かないようにしています。数年後、10年後の肌をシミとシワで悩まないように出来る限りのことは、頑張りたいと考えています。

天然のオイルで肌を生き返らせる!

美容のために気を付けていることは、基礎化粧品にこだわることです。きれいにメイクアップして、美を保つには「素肌自体」を美しくする必要が必須だと感じています。

私がこだわっているのはクレンジング。以前はオイルクレンジングというと、洗浄力が強すぎてお肌への刺激が強いんじゃないかと思っていましたが、現在は天然のオイルを使っています。その人気分によってココナッツオイルや亜麻仁油を使ってクレンジングしています。

使い方は簡単で、メイクの上からこれらのオイルを塗り、手でマッサージ。その後蒸タイルをしばらく顔にあってからそのタオルでふき取り、その後に無添加の石鹸で洗顔しています。

これらのオイルをクレンジングに使うようになり肌質が少しずつ変わってきたのを実感しています。冬場に乾燥していた肌も、お風呂上りココナッツオイルや麻仁油でクレンジングするようになってからは肌の水分が蒸発しにくくなりました。ちゃんと水分が肌にとどまっている感じです。

継続できる内容で気軽に出来る方法で美容に気を付けています

30代半ばになり、以前より美容に気を付ける様になりました。

毎日の日課としては、フレッシュ野菜を使用し、毎朝簡単スムージーを作って飲んでいます。
今のお気に入りはケールなどの野菜、バナナ、リンゴなどです。
それと、毎日サプリメントを摂取しています。

普段の食事はなるべく和食を心がけ、フライ物など油を使った食事は極力避けているのと、マックなどのファーストフードも食さない様にしています。

適度な運動も心がけ、綺麗なボディーラインを保つ事も必須ですが、小さな子どもがいるのでなかなか思う様に行かない時もあります。
そんな時は、娘と一緒に庭でトランポリンを飛んだり、音楽をかけてダンスしたり、とにかく身体を動かし新陳代謝を良くする事も心がけています。

夜は子供が寝てからぬるま湯で好きな入浴剤を入れて半身浴をしながら汗をかき、水分をとりながら30分程汗を流しています。
自宅では、肌に負担を掛けない様にメイクはしておらず、お風呂の後には必ず美顔器で顔のマッサージは欠かせません。
簡単な事ばかりですが、継続して続けられる範囲で気を付けています。

腸内フローラ

腸内フローラってことばを聞いたことはありますか。わたしたちの腸の中には、100種類以上の細菌が、100兆個もすみついていて、そのようすが、まるで植物たちが群れている、お花畑のようであることから、腸内の細菌叢を腸内フローラとよんでいます。

この腸内フローラは、わたしたちの美容と健康を維持してくれています。さまざまな病気でさえが、腸内フローラと深くかかわっています。なので、美をめざすためには、自分の腸内細菌をやさしく飼いならしていくことが大切です。

わたしは、毎日夕食前に無糖のヨーグルトにジャムをのせて食べています。最近はいろいろなフレーバーのヨーグルトが売られていますが、無糖のヨーグルトがいちばん、腸への効果を実感できたからです。メーカーによって、違った乳酸菌が使われていますが、自分に合うものを見つけるとよいと思います。

またヨーグルト専用のソースよりは、ジャムのほうがお手頃な価格で、いろいろな種類が楽しめます。みなさんも、ご自身の腸内細菌をいたわってあげてくださいね。

食生活に気をつけています

美容は体の内側からということで食生活に気をつけています。朝食は、おかゆを毎日食べるようにしています。
具は、わかめとたまご。タンパク質と水溶性の食物繊維です。腸内環境をよくするために、毎日、お粥は、みそと酒粕を入れています。

また、煮干を毎日食べるように心がけています。煮干には、カルシウム、鉄分、ビタミンなどを取ることができるので、朝食には、欠かせません。
昼食、夕食も、できるだけ、タンパク質を取るようにしています。同時に、野菜もとることでバランスの良い食事を取ることができます。

ごはんやパンなどの炭水化物は量を多く食べないことも大切です。
間食はできるだけ、フルーツやナッツなどを取るようにしています。
やはり、食生活を変えることで腸の調子が良くなり、肌の調子も良くなってきます。

また、食べ方も大切です。まず、野菜から食べるようにすること。そして、肉や魚等のタンパク質をとること。そして、炭水化物を最後に取ることです。
ゆっくり噛んで食べることで満腹感を得ることができます。